【MRに転職した理由】
社会人として成長できる環境で、もっと自分自身を磨きたい!

【MRに転職した理由】<br>社会人として成長できる環境で、もっと自分自身を磨きたい!

異業種からMRへの転職は狭き門とも言われていますが、今回は飲食業界の経験を活かしてMRに転職したHさん(20代)をご紹介します。なぜMRに興味を持ったのか、未経験ならではの苦労やライフスタイルの変化など、様々な想いをインタビューしました!

MRになる前はどのようなお仕事をしていましたか?

前職は飲食店の正社員でした。大学時代から個人で経営している地域密着の割烹居酒屋でアルバイトをしていて、そのまま社員になりました。良いお客様ばかりで楽しく働いていましたし、就職活動中に社員の方が退職してしまってお店を回せる人がいなくなってしまったこともあり、卒業後もそのまま働き続けることにしました。
私は地元が九州で、大学生になって東京に上京してきたんですが、慣れない環境に戸惑う中で心の支えとなったのがそのお店。常連さんたちも東京のお父さんお母さんのように慕わせてもらっていたので、とてもあたたかい環境の中で働かせてもらっていました。

第二の故郷ともいえる環境を離れようと決めたきっかけは?

飲食の仕事は、基本的に待ちなんです。もちろんお客様を呼びこむための様々な集客方法はありますが、結局お店に来ていただけない限りはおもてなしをすることができません。
お客様との関係性は本当に良くて私自身もすごく満足していたのですが、待つのではなく自分から動いてお客様に喜んでいただけるような仕事にチャレンジしてみたいという想いが募っていきました。
また、社員になってから、店長との間で店舗運営やおもてなしに対する考え方のズレを感じるようにもなっていきました。板前一筋で強いこだわりや好みを持った職人気質の店長と、常連さんも一見さんもみんなが楽しめるお店にしたいと考えていた私の間で意見が衝突することも。
いろいろな要因が重なって、長くお世話になったお店でしたが転職することを決めました。

常連さんは特に仲良くしてくださっていたので、会えなくなることが寂しかったです。ただ、辞めることを伝えた時にみなさん背中を押してくれました。「より自分らしさを活かせる場所で頑張って!」と応援してもらえて、私も悲しんでいる場合じゃないと思いました。いまだに連絡を取り合っている人もいて、東京へ行った時には連絡して会うこともあるんですよ。

次に選んだ仕事がMRだったのには何か理由があるのですか?

次の仕事は、社会人経験を積んでいく上でも一般企業に入社して、組織の中での仕事を学びたいと考えていました。そこで選択肢に浮かんだのが、就職活動をしていた時に興味を持っていたMRでした。収入も高く頑張った分だけ成果として自分に返ってきますし、インテリジェンスが高い方たちと接する機会も多い仕事。自分を磨くにはピッタリの環境だと思って、チャレンジすることを決めました。

未経験から飛び込んで苦労も多かったのではないですか?

一番難しかったのは、専門用語や業界の常識を理解することでした。私は文系出身なので、化学に関する用語が出てくるとさっぱりわからず苦戦しました。
ただ、幸い人に恵まれていて、丁寧に教えてくださる先輩が多く感謝しています。ベテランの方が多くてなんでも聞きやすい雰囲気があったので、調べてもわからない所は聞きながら一つずつ覚えていきました。

現場でも、数えきれないくらい苦労がありましたね。先輩の担当先を引き継いだ初日に「来なくていい」と言われたこともありますし、嫌がられてしまったことも数知れず。でも、諦めるわけにはいきませんし、何度も何度も通い続けていくことで「いつも頑張ってるね」と優しい声をかけてくれるようになったり、ふとした瞬間に私がご案内した薬を使ってくれたりすることもあって、諦めなければ相手の気持ちは動かせると学びました。

MRになって新たに身に付いたことはありますか?

私はジェネリック医薬品も先発医薬品も経験させてもらっています。ですから幅広い知識を学んできましたし、薬局の方から病院の先生まで様々な方とのコミュニケーションを学ぶ機会もありました。
最初に担当したのがジェネリック医薬品。その時には1日に数十件訪問することを目標に取り組んでいたので、効率よく業務を進められるスケジューリングを学ぶことができました。
その次に担当したのは先発品医薬品でしたが、担当エリアが狭く、アイスブレイクや提供する薬剤情報もすぐに尽きてしまっていたのでどうやって提案するか常に頭を悩ませていました。お話しするネタもすぐに尽きてしまっていたので、MSさんから情報収集して趣味のお話で関係性を作ったり、チームで成功事例を共有し合って実践したり、コツコツと取り組む力が身に付きました。
今は内科や皮膚科、神経内科など、今まで経験のない領域に携わらせてもらっています。新たに知識も勉強し直している最中で、特に神経内科は興味深いことばかりで面白いです。自分の知識欲がどんどん満たされている感じがします!

前職と比較してライフスタイルに変化はありましたか?

夜型の生活が朝型になり、規則正しく毎日を過ごせるようになりました。休日はカレンダー通りなので土日にしっかり休めますし、有給も取得することができるのが嬉しいです。年末年始やお盆休みは長期休暇を取って実家に帰ることもできるので、家族も喜んでくれています。

また、収入が増えて心のゆとりができたのは大きな変化です。旅行の計画や老後に向けた貯金もできるようになりましたし、将来を考えることが楽しいです。

MRとしての目標はありますか?

将来的には地元に戻りたいという気持ちがあるのですが、まずはMRとしてしっかりスキルを身に付けて成果を出していきたいです。MRの現場はとても楽しいので、このままずっと現場で働いていくのもアリかなと思っています。
一方で、マネージャーにも少し興味があります。マネジメントスキルを身に付けることで、人としてさらに成長できると思うからです。働きながら、自分のやりたいことや目指す道を明確にしていきたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする